漢方から冷え性を考える

基本的に欧米医学では「冷え」という病名はありません、だから「冷え性」という診断陥ることはないのです。ただし漢方医学には「ひえしょう」には「冷え性」といった「冷え症」の2通りの謳い文句があり、 カラダが冷え易い「マンネリ」のことをトータルして「冷え性」と言います。そうして、その異常として 「冷え症」があります。具体系異常には味方が冷える、乗り物が冷えて厳しく眠れなかったり、室温にあたると、胃腸を滅ぼしたり、というものがあります。中でも女性に多いことで知られています。主な元凶には自律神経の狂いが考えられます。自律神経が乱れると、体温制御がうまくいかなくなり、収益、冷え性を引き起こします。では、どうして冷えはいけないのか、それはただ身体が冷えて耐え難いというだけでなく、冷えがさまざまな異常、腰痛や低血圧などを引き起こし、それゆえ、また大きな疾患いの原因にもなりかねないからなのです。漢方医学は身体の中のキャパシティーをよくして、異常を改善していくことを目的としているので、冷え性の診断は得意野原に入ります。ひとくちに冷えといってもひとそれぞれのマンネリや元凶を通じて、薬の内容も変わってきます。それゆえに、しっかりした漢方医に問診を受けることをおすすめします。自分の食事や毎日も見直す必要があるかもしれません。